(有)寿郎社

〒060-0807

札幌市北区北7条西2丁目37山京ビル106号

​TEL  011-708-8565 ​FAX  011ー708ー8566

​  本の購入

  • 寿郎社の本はここから購入できます。

  • 「カートに追加」をクリックし、手順に従ってレジまでお進みください。

  • ご希望の住所へ、請求書・郵便振替用紙同封のうえ、直接郵送させていただきます。

  • お支払いは、本の到着後1週間以内に、最寄りの郵便局または銀行から代金と送料をお振り込みください。

  • 送料は1冊300円です(国内)。一度に2冊以上お買い上げの場合、送料は無料です(国内)。

​ ご不明な点やご要望がございましたら、こちらからお問い合わせください。

紹介

著者・斎藤武一が保健所で偶然手に入れた資料『北海道における主要死因の概要』――。その統計資料によると、泊原発が稼働してから【がん死亡比】がナンバー1の道内市町村は「泊村」であるという。2位は対岸にある「岩内町」、3位も近郊の「寿都町」……。事故が起きなくても放射性物質を出し続ける原子力発電所。泊原発の放射性物質は、風に乗り、雨に混じり、北海道各地に降り注いでいるのではないか!?〈泊原発とがん〉の関係について論じた衝撃のリポート。

 

目次

第Ⅰ部 泊原発周辺で〈がんの過剰死〉が起きている
 1 〈泊原発とがん〉を調べるきっかけ
 2 資料を読み解きわかった衝撃の事実
 3 内陸より〈がん死〉が多い海沿いの町
第Ⅱ部 なぜ内陸部で〈乳がん死〉が増えているのか?
 1 泊原発と〈乳がん死〉の関係について
 2 泊原発が運転する前と運転した後の変化
 3 札幌など五大都市の〈乳がん死〉
 4 [追論]泊原発周辺のがん多発のさらなる要因について
[巻末資料]

泊原発とがん

¥700価格
  • A5版 68頁 並製

    ISBN978ー4ー902269ー87ー1 C0036

    発売日 2016年10月