(有)寿郎社

〒060-0807

札幌市北区北7条西2丁目37山京ビル106号

​TEL  011-708-8565 ​FAX  011ー708ー8566

​  本の購入

  • 寿郎社の本はここから購入できます。

  • 「カートに追加」をクリックし、手順に従ってレジまでお進みください。

  • ご希望の住所へ、請求書・郵便振替用紙同封のうえ、直接郵送させていただきます。

  • お支払いは、本の到着後1週間以内に、最寄りの郵便局または銀行から代金と送料をお振り込みください。

  • 送料は1冊300円です(国内)。一度に2冊以上お買い上げの場合、送料は無料です(国内)。

​ ご不明な点やご要望がございましたら、こちらからお問い合わせください。

紹介

低周波音被害とは人間の耳には聞こえない低周波の空気振動が頭痛・吐き気・呼吸困難・しびれ等を引き起こす健康被害のこと。「聞こえないけど苦しい」と訴える被害者の救済に取り組んだ著者の40年の集大成。今後、より大きな問題となっていくであろう”知られざる公害”について書かれた衝撃の一冊。

 

目次

序章

 

第一章 低周波音症候群——無視され続ける被害者たち

1 因果律の世界  2 メリヤス工場隣家の被害——最初の低周波音被害経験例  3 聴覚と左脳(言語脳)  4 大阪府八尾市・綿実油工場——私の次なる経験例  5 気導音と骨導音  6 低周波音——これでもまだ騒音被害と混同するのか  7 低周波音被害者は聴覚が鈍いのか?  8 低周波音被害のその後の姿とエコキュート  9 むすび

 

第二章 風力発電公害——超低周波空気振動症候群(風車病)

1 風力発電機の住民被害は低周波音被害では?  2 愛知県田原市・久美原風力発電所——どちらが悪い?  3 愛媛県伊方町・佐田岬半島——悲しい風車の一列縦隊  4 静岡県東伊豆町奈良本——住民の健康と幸福の破壊  5 むすび 

 

おわりに 

追記 冤罪を問う

低周波音被害を追って

¥1,900価格
  • 四六判 240頁 上製

    ISBN978ー4ー902269ー94ー9

    発売日 2016年10月